大切な衣料をクリーニングに繰り出すときの雑学

大切な衣料をクリーニングに繰り出すときの雑学

大切な被服をクリーニングに差し出すときの雑学

シミにご用心!!

 

目立たないシミでも早めにクリーニングしないと、取れない恐れがあります
シミをつけてしまった場合はお早めにおディナーへお運び込み下さい。

 

シミ発生〜2日未満 90%のシミは落ちますが、10%は残る場合がある。
2日〜週間順序     50%のシミは落ちますが、50%はとある場合がある。
週間〜1ヶ月順序 10%のシミは落ちますが、90%は余る場合がある。

 

ヘアムースが衣類に関しましてしまうと・・・!!

 

コスメティックは簡単に落ちないように作られている収支、衣類についたまま放置してしまうと、落ち辛く変わるどころか変質してしまうこともあります
またYシャツの襟につきやすい整髪料金などの樹脂剤が故郷に残るといった"汚れ”を粘着しシミの要因になります。
その他にも、香水の成分はアルコールを数多く抱えるので、染料によっては、輪ジミの原因にもなります。
シミができてからでは遅い収支、日頃のファッションの扶養は大事ですね

 

水もののシミは要注意!カビや虫食いの原因に…

 

結婚や新年会、忘年会など宴会の多い年代にはわずかお洒落な着物をきる人は多いのではないでしょうか。
水もののシミは乾燥すると目線に見えなくなってしまいますが、無視すれば黄ばみや虫食いの原因になります。
糖分やアミノ酸を親しむ害虫やカビがあなたの大事なファッションにかけています!

 

もし、大切な被服にお酒や飲料をこぼしてしまったら、お気軽に配下にごミーティングくださいね。

 

 

 

はっ水加工は?

 

シリコン樹脂をファッションの繊維1本1本に付着するので通気性も損なわれず、風合いを保ちつつ水や油をはじいて汚れを防ぎます
スーツやブルゾンなどにぜひともお試験ください。

 

ご存知でしたか?ウェア題防虫剤の不同

 

じつは断じて知られてはいませんが、ウェア題防虫剤には様々なパターン・自負があります。
使用する前に、チェックをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

【無臭の売り物】
薬剤仮称:エムペントリン(ピレスロイド関連)

 

自負:衣類にニオイがつかないので衣類踊りやタンスに適して起こる
避けた方がいい売り物:銅を填め込む金属グッズ(真ちゅうなどの連絡)
※ニオイがつかないので取替え際を忘れ気味。有用期間をこまめに見張り!

 

【附属臭の売り物】
薬剤仮称:パラジクロルベンゼン

 

自負:働きが速いので、ウールや絹素材の衣類に適していらっしゃる。
有効期限は半年それら。
避けた方がいい売り物:ポリエチレン、ポリプロピレン以外のプラスチックフィルムによる金糸、銀糸やラメグッズ、スチロールグッズ、内容皮革
※ナフタリン、しょうのうは併用停止。50ごと以上になると溶けてシミになることもある。

 

薬剤仮称:ナフタリン

 

自負:働きは遅いが、働きが半年それら抱えるので、フォーマルウェアに適して居残る。
避けた方がいい売り物:塩化ビニールグッズ(包み、ベルトなど)
※パラジクロベンゼン、しょうのうは併用停止

 

薬剤仮称:しょうのう

 

自負:ウールや絹素材の衣類に適して居残る。
有効期限は半年程。
避けた方がいい売り物:金糸、銀糸や金箔には直接触れないように使用してください。
※パラジクロルベンゼン、ナフタリンは併用停止。

 

パターンのことなる防虫剤を併用するという、衣類にシミがついたり変色したりすることがあるので注意が必要です。

 

夏の着物には見えないシミがいっぱい!

 

夏のファッションには、乾くと思えなくなりますが、汗や爽やか水小物水のシミがついていることが多いのです。衣類についた汗などは放っておくとシミやカビなどの原因になります。
うさ氏クリーニングのパワーアクア加工なら、従来のドライクリーニングまずは落とせなかった水性の汚れを独自の手法で完全に落とします。
ドライクリーニング次いで型くずれせず、繊維にとってもやさしいクリーニング。この機会にできるだけ初めてお試験ください。

 

汗のしみこんだファッションが大変なことに!

 

汗がしみこんだファッションを以て放置していると大変なことになります。
汗は、尿素・アンモニア・塩などが水に溶けたものです。
水分が蒸発するといった、これらの成分が繊維に残り、繊維がごつくなったり、景色を発したり決める。
汗がついたらアッという間に丁寧に洗うか、クリーニングに引き起こしましょう!

 

夏は光化学スモッグによる変色が・・・

 

夏は光化学スモッグにより、保管やる大切な衣類が色あせてしまうことがあります。
これは、「酸化窒素ガス」が綿やナイロン製品に使われている染料という反応することによって起こってしまうことです。
長期の収納をする場合は、階級に1〜2回風に通しましょうね。

 

収納する場合はバッグから取り出して!

 

クリーニング後のファッションをポリバッグ単位永続しがちですが、これは犯行です。
ポリバッグのとおり収納そうすると、通気性が悪くなって水分をぶち込めて仕舞う。
カビの増殖や虫食い、変色などの原因になりますのでご警告下さい。
正しくはポリバッグから出して、換気の良い所に幾分ほど掛けてから収納するのがベストです!

 

よごれ」は案の定何?

 

一般的な「よごれ」は以下の4つに分類することができます。

 

1水溶性の汚れ
食べ物のでんぷん質(ごはん、うどん)、蛋白クォリティー(肉入り込み、魚、卵、ミルク)、塩水、砂糖水、果汁など。
2固体の汚れ
土ぼこり、砂ぼこり、糸、綿、毛髪などの塵、工場や自動車の生み出すススなど。固体のヨゴレは、衣類を思い切りドライさせたりブラシ掛けしたり、はたいたりすれば、少々かは取れますが、粒子の詳しいものは繊維への付着力強く、電気みたいに付着している売り物もあってブラシを張り付けるだけではとれません。
3油性の汚れ
てんぷら油、バター、マヨネーズ、肉、魚の油、衿アカ、手アカの脂肪酸、化粧品の油、機械油、灯油、ガソリン、グリース他。
4特殊な汚れ
衣類に対して古くなった果汁や汗、コーヒー、紅茶、醤油、ソース、インク、ヨーチン、赤チン、チューインガム、口紅、コールタール、ペンキ他。