ドライクリーニングは

ドライクリーニングは

ドライクリーニングは
ドライクリーニングは、1830時期にフランスで開発され、水で洗うと型崩れや縮み、彩り落ちなどが発生する衣類を水の入れ代わりに有機溶剤をまかなうことによって衣類への作用を抑えた洗濯方です。そもそもドライクリーニングは家庭にはありませんので思い付かのが普通だと思いますが、ドライクリーニングは水を使わずに「有機溶剤」によるクリーニングの事を言います

 

有機溶剤は?

 

聞きなれない語彙が出てきたので、余計に難しくなった方もあると思います。そこで分かりやすく説明するという、自分が生活で目にする有機溶剤と言えば「石油」や「灯油」、「ガソリン」などが当てはまります。まさに、その石油とか灯油という溶剤で衣類を洗うのがドライクリーニングというわけです。でもじつは、衣類をガソリンや灯油で洗うわけにはいかないので、クリーニング専用の溶剤で洗って来る。(分かるように、ガソリンなどの称号を例に出しました)
ところで何故、「」ではなく、「溶剤」で洗う必要があるのかと言えば、水洗浄のOKな素材の場合は問題ありませんが、ウールの背広やレーヨンのブラウスなどは、普通に水で洗ったりすると縮んだり、型崩れしたりしまうからです。

 

そこでドライクリーニングは、衣類を縮めたり、型崩れをさせないように生まれた洗濯方なのです

 

例えば、家庭の洗濯でふところにティッシュをうっかり入れた路地洗うとティッシュはボロッボロになりますね。だがドライクリーニングで同じ事をしてしまっても、ティッシュはキレイなときの路地です。停滞ドライクリーニングは衣類に温かい洗濯なのです。

 

 

家庭それではドライクリーニングは出来ない

 

 

ちょこちょこ、「自分は家でドライクリーニングをしてる!」ってほうがいますが、それは根本的な取り違えをされています。ご家庭それでは、ドライクリーニングはできません。
何故なら家庭での洗濯は、水で洗うしか洗濯方法がないからだ。一般に販売している「ドライ衣類用の洗剤」は、水で洗っても型崩れや縮みなどを出来るだけ起こりがたくするように工夫した洗剤であって、それほどドライクリーニングではありません。表紙クリーニング洗剤ドライクリーニングは、もっと説明するって、水ではなく有機溶剤で洗うものを言います。もしも「自分は家でドライクリーニングをしてる!」というほうが芽生える症例、それは「ドライターゲットが洗える洗剤を通じて水洗顔してる」というのが望ましいです。

 

ドライクリーニング(有機溶剤によるクリーニング)は、油性の汚れには適していますが、逆に水溶性の汚れなどには基本的には下手くそです。ですからもしも汗をかいてしまった場合など(汗は水溶性の汚れ)、ドライクリーニングよりも水洗いが見合う洗い方だと皆さんと言えます。クリーニングに取り出す場合で窓口のほうがドライクリーニングで洗うという場合は、「汗抜き」などウエットのコースで依頼するのがベストです。
 ※ウエットクリーニングは?
1803

 

 

【クリーニング業者がウエットを勧める根本】
日本各地に数多くのクリーニング業者があるので、一概には言えませんが、世間論で言うなれば、クリーニング屋ちゃんは洗濯の名手です。その洗濯の名手が汗をかく時間に、水洗浄を勧めて回るのは当然の事。逆に夏場などに水洗浄を求めない業者は、窓口係員がクリーニングの洗浄を理解していない、大いにの素人という可能性もあります。
例えば、「ウエット」であったり「ダブル洗い」であったり、呼び方はクリーニング屋ちゃんを通じて様々ですが、むしろドライクリーニングでは水溶性の汗汚れは完全に落ち切れません。汗の汚れは透明でまぶたに見えませんが、日数の順番とともに酸化して黄ばみ・変色の原因となります。汗かく時間は、ドライクリーニングではなく、プラス料金がかかっても水洗浄(ウエット)がおすすめです

 

 

ドライクリーニングの長所は!?

 

空席まぶたには見えませんが、衣類には油汚れが滅法多いのです。その油汚れは、どんなものが触るのかと言えば、人期間の人体から現れる皮脂汚れであったり、また通風にもエアーの汚れから油汚れが含まれていますので、まぶたに見えなくても常々着用している衣類はけっこう汚れて加わるものなのです。
ドライクリーニングは油汚れを落としていただける。ひいては水にも油にも溶けないススなどの「不溶性粒子」は、油脂がボンドの責任を果たし衣類に密着していますが、油汚れを溶かすことによって、これらの不溶性粒子もキレイにする事が出羽織るのです。